Academic on web

means growth

IT は、日本の 13 ~ 18 歳の若者の生活に極めて重要な役 割を果たしており、今後 2 年間で IT への依存度と利用は 増加することが予測されます。 ほどんどの 10 代は、IT は全般的に良い方向に動いている と考えていることから促進力となるでしょう。 IT キャリアに対する認識は、男女ともに概ね肯定的です が、情報のギャップは間違いなく、学生が IT キャリアを 探求する上で妨げとなっています。 ニュースなどでの普 及をみると、日本の若者は自動化技術や、将来の仕事への 潜在的影響に関して高いレベルで精通しています。ある程 度の懸念はあるものの、ほとんどの若者は、IT のスキル や経験をさらに向上するための理由と捉えています。

CompTIA 認定資格は、ワールドワイドで 250 万人以上に取得されている認定資格です。 IT のグローバルスタンダートの資格として、広く認知されています。

トレーニングの後に認定資格を取得することが重要

IT 認定資格が採用に与える影響

12% あまり重要ではない

67% 72%

仕事やゴールに対する 姿勢を図るため

人材を育成するツール

41% 47%

72%

とても重要

やや重要

特定の職種の採用のため

出典:IT トレーニングと認定資格に対する人事部門の認識(CompTIA 米国本部調査)

学習や受験で強化する予定のあるプログラム Top20(抜粋)

仕事の成果:IT プロフェッショナルの 9%は、新しいスキル を取得したことで給与が年間約 12,000 ドル上がった例があ ります。 昇進:全体の 15% が昇進の機会を得たと報告しています。 この中で、社内で昇進した人は給与が 14% 上がり、転職に より給与が 26%上がった例もあります。 転職:IT スキルを身につけることで転職の際にも優位に働く ことがわかっています。転職の際に、新たなポジションを与 えられ給与が 20%上がった例があります。

出典:Global Knowledge’ s 2019 IT Skills and Salary Report

出典:2018 Value of IT Certification(Pearson VUE)

IT Fundamentals +

IT スキルのファーストステップ

Learn the Essentials of IT with Certification

" 業界の業界による

業界のための資格” CompTIA 認定資格は、試験作成委員会 が中心となり、ニーズ調査・職務分析・ リサーチを経て、SME(サブジェクトマ ターエキスパート)と呼ばれる現場関係 者により開発が進められます。 CompTIA IT Fundamentals+ SME ■海外 / 一部抜粋 • US Air Force • US Army • Cisco • East Carolina University • HP • Ricoh USA, Inc. • Texas State Technical College ■日本(50 音順) • 株式会社 OAG • 富士ゼロックス東京株式会社 • ロボット投信株式会社

IT の基本となるスキルを身に付け より専門的な IT スキルを習得するための 第一歩となる認定資格

主な出題範囲

CompTIA IT Fundamentals+(試験番号:FC0-U61) 1.0 IT の概要と専門用語

17% 22% 18% 12% 11% 20%

2.0 インフラストラクチャ

3.0 アプリケーションとソフトウェア

4.0 ソフトウェア開発 5.0 データベースの基礎

6.0 セキュリティ

試験実施概要

試験番号 FC0-U61

問題数

制限時間

合格ライン

75 問

60 分

100 ~ 900 のスコア形式 650 以上

A+

様々なデバイスからセキュアにアクセスできる環境を 提供 / 維持するスキルを評価する認定資格

“ Empower Your Workforce With IT Certification 多くの求職者の中から適切な人材を選定する際や 自社の IT エンジニアのスキルアップを強化する際 CompTIA A+ は、成果をあげる 適切なスキルを持った人材の育成に役立ちます " 業界の業界による

業界のための資格” CompTIA 認定資格は、試験作成委員会 が中心となり、ニーズ調査・職務分析・ リサーチを経て、SME(サブジェクトマ ターエキスパート)と呼ばれる現場関係 者により開発が進められます。 CompTIA A+ SME ■海外 / 一部抜粋 • Department of Defense • Department of the Navy • US Air Force • US Army • Avon - Morton Grove • Cisco Systems • City of Los Angeles • Dell EMC Brazil • East Carolina University • HP • USBank • Unisys ■日本(50 音順) • NRI セキュアテクノロジーズ株式 会社 • 株式会社 OAG • 株式会社クエスト • 株式会社クレオ • 富士ゼロックス東京株式会社 • 株式会社ラック • ロボット投信株式会社

主な出題範囲

CompTIA A+(試験番号:220-1001)

CompTIA A+(試験番号:220-1002)

1.0 モバイルデバイス

14%

1.0 オペレーティングシステム

27%

2.0 ネットワーキング

20%

2.0 セキュリティ

24%

3.0 ソフトウェアのトラブルシューティング

26%

3.0 ハードウェア

27%

4.0 運用手順

23%

4.0 仮想化とクラウドコンピューティング

12%

27%

5.0 ハードウェアとネットワークのトラブルシューティング

試験実施概要

試験番号 220-1001 220-1002

問題数

制限時間

合格ライン

100 ~ 900 のスコア形式 675 以上 100 ~ 900 のスコア形式 700 以上

最大で 90 問

90 分

Network+

「ネットワーク技術」に携わる職種において 共通して必須となる実務能力を評価する認定資格

“ Strengthen Your Workforce with Network+ Certification CompTIA Network+ 認定資格を保有する社員を 登用することで、組織のネットワークを スキルを持つ人材に任せることができます " 業界の業界による

業界のための資格” CompTIA 認定資格は、試験作成委員会 が中心となり、ニーズ調査・職務分析・ リサーチを経て、SME(サブジェクトマ ターエキスパート)と呼ばれる現場関係 者により開発が進められます。 CompTIA Network+ SME ■海外 / 一部抜粋 • Dept. of Navy • Department of Defense • United States Air Force • Canadian Forces (Ret) • IBM • Cisco Systems • Deloitte Services LP • AT&T Government Solutions • Los Angeles County Office of Education ■日本(50 音順) • NRI セキュアテクノロジーズ株式 会社 • OAG 税理士法人 • 株式会社クレオ • 富士ゼロックス東京株式会社

主な出題範囲

CompTIA Network+(試験番号:N10-007) 1.0 ネットワーキングの概念

23% 18% 17% 20% 22%

2.0 インフラストラクチャ

3.0 ネットワークオペレーション 4.0 ネットワークセキュリティ

5.0 ネットワークのトラブルシューティングとツール

試験実施概要

試験番号 N10-007

問題数

制限時間

合格ライン

最大で 90 問

90 分

100 ~ 900 のスコア形式 720 以上

Linux+

Linux で稼働するシステムの運用 / 管理をする際に 必須とされるスキルを評価する認定資格

Fortify Your Organization with Linux+ Certification

" 業界の業界による

業界のための資格” CompTIA 認定資格は、試験作成委員会 が中心となり、ニーズ調査・職務分析・ リサーチを経て、SME(サブジェクトマ ターエキスパート)と呼ばれる現場関係 者により開発が進められます。 CompTIA Linux+ SME ■海外 / 一部抜粋 • US Dept. of Navy • AEM Corporation • ING Business Shared Services B.V. • Microsoft • SAIC • Secure-24 • Telviso ■日本(50 音順) • TIS 株式会社 • 日本電気株式会社 • 日本マイクロソフト株式会社

CompTIA Linux+ は、Linux システムをセキュアで 効率的に運用できる人材を育成する第一歩です

主な出題範囲

CompTIA Linux+(試験番号:XK0-004) 1.0 ハードウェアとシステムの設定 2.0 システムのオペレーションとメンテナンス

21% 26% 19% 20% 14%

3.0 セキュリティ

4.0 Linux のトラブルシューティングと診断

5.0 自動化とスクリプティング

試験実施概要

試験番号 XK0-004

問題数

制限時間

合格ライン

最大で 90 問

90 分

100 ~ 900 のスコア形式 720 以上

Security+

セキュリティの概念、実装、運用管理において 「How to(どのようにすべきか)」を理解し スキルを身に付ける認定資格

Protect Your Organization with Security+ Certification

" 業界の業界による

業界のための資格” CompTIA 認定資格は、試験作成委員会 が中心となり、ニーズ調査・職務分析・ リサーチを経て、SME(サブジェクトマ ターエキスパート)と呼ばれる現場関係 者により開発が進められます。 CompTIA Security+ SME ■海外 / 一部抜粋 • Dept. of Navy • DoD (Air Force) • U.S. Army • US Marine Corp • State of Minnesota • IBM • IBM Managed Security Services • Cereberus Information Security • CSRA • Deloitte & Touché LLP ■日本(50 音順) • S&J 株式会社 • NRI セキュアテクノロジーズ株式 会社 • 日本電気株式会社 • 富士ゼロックス東京株式会社

CompTIA Security+ 認定資格を保有する 社員を登用することでビジネスを セキュリティの脅威から保護できます

主な出題範囲

CompTIA Security+(試験番号:SY0-501) 第 1 章 脅威、攻撃、脆弱性

21% 22% 15% 16% 14% 12%

第 2 章 テクノロジーとツール 第 3 章 アーキテクチャと設計

第 4 章 アイデンティティとアクセス管理

第 5 章 リスク管理 第 6 章 暗号化と PKI

試験実施概要

試験番号 SY0-501

問題数

制限時間

合格ライン

最大で 90 問

90 分

100 ~ 900 のスコア形式 750 以上

ビジネス・コミュニケーション・ スキル診断(BCSA)

仕事上のコミュニケーションは スキルである

すべての業務に共通する コミュニケーションの「軸」を育成

“ BCSA を最大限に生かすモデル活用例 社内外のプレゼンテーション、ルートセー ルス、会議等の様々なケースの中で、信 頼性、共感性、理論性が実践されています。 こんな時に・・・ • 社員、学生等のビジネス・コミュニ ケーション・スキルの把握として

仕事上のコミュニケーションスキルを 細分化した様々な業務 / 立場で共通スキル

新人研修、ヒューマンスキル研修、 現場研修等の企業内教育として 採用、派遣登録時などのスキル チェックとして 就職活動でのビジネス・コミュニ ケーション・スキルの向上として

BCSA で問われる 3 つのスキル

BCSA 作問委員メンバー セールス、エンジニア、カスタマサポート、 企画・教育、人事など、様々な職種を経 験している、もしくは在籍している現場 の第一線の皆様により、開発がされてい ます。

未来の IT 人材を育成する CompTIA スカラーシップ・プログラム

CompTIA スカラーシップ・プログラムは、CAPP アカデミー校に対し、 CompTIA を学ぶ学生に無償で受験機会を提供するプログラムです。

企業: 採用 /CSR 活動

課題: ・良い人材の採用が難しい ・採用した人材のスキル不足 ・人口減により充分な人数が採用できない

企業による受験料の負担

適切なスキルを持つ 人材の採用

CompTIA パートナー学校機関に対し 賛同企業と希望学校機関との連携

受験機会の創出

学校機関: 産学連携

課題: ・様々な理由により受験料が捻出できない ・学習の成果が証明できない ・就職前に充分な企業情報が入手できない ・就職の決め手がない

就職活動前のスキル向上

CompTIA 日本支局 www.comptia.jp facebook.com/CompTIAJP twitter.com/CompTIA_JP 〒 101-0061 東京都千代田区神田三崎町 3-4-9 水道橋 MS ビル 7F TEL:03-5226-5345/FAX:03-5226-0970/email:info_jp@comptia.org

© 2020 CompTIA Properties, LLC, used under license by CompTIA Certifications, LLC. All rights reserved. 無断での引用、転載を禁じます。すべての認定プログラムと、それらのプログラムに関連する教育は、CompTIA Certifications, LLC により独占的に運営されています。 CompTIA は、米国内およびその他の国や地域における国際的な CompTIA Properties, LLC の登録商標です。ここに記載されているその他のブランド名および企業 名は、CompTIA Properties, LLC または各所有者の商標またはサービスマークである場合があります。CompTIA Properties, LLC の書面による承諾なしに、複製、 配布することを禁じます。202004_Ver1.0_CompTIA_Academy_brochure

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 Page 8 Page 9 Page 10 Page 11 Page 12

Powered by