Security Case Study on web

Protect Your Organization with Security+ Certification

CompTIA Security+ は、国際的に広く認知されている規格である ISO/ ANSI 17024 を取得しており、世界中の多くの企業や学校で活用をいただ いています。最も顕著な例としては、米国国防総省の情報保証に関連する 全ての人材に対し、CompTIA Security+ は必須資格として活用されてい ます。 CompTIA Security+ 取得後は、次のようなキャリアで活躍できます • セキュリティアーキテクト • セキュリティエンジニア / セキュリティ管理者 • セキュリティコンサルタント • 情報保証に携わる技術者 様々なグローバル企業では、自社の社員の育成に CompTIA Security+ を必須 / 推奨資格として活用されています

CompTIA Security+ SME(試験開発) ■海外 / 一部抜粋 • Amazon Web Services • Cisco • Deloitte • Dept. of Navy • Federal Government • IBM • NTT • PwC • The Johns Hopkins University • U.S. Army ■日本(50 音順) • NRI セキュアテクノロジーズ株式会社 • 日本電気株式会社 • 富士フイルムビジネスイノベーション ジャパン株式会社 • 株式会社ラック

主な出題範囲

CompTIA Security+ では、以下のようなスキルが対象となっています。 • エンタープライズ環境でのセキュリティ態勢を評価し、必要とされる適切なセキュリティソリューションを推奨と実装 • クラウド、モバイル、IoT などハイブリット環境の監視と保護 • ガバナンス、リスク、コンプライアンスの原則を含む、適用される法律とポリシーへの認識と適用 • セキュリティイベントやインシデントの特定、分析、対応 CompTIA Security+ 認定資格試験には、多肢選択式の問題とパフォーマンスベースの問題の両方が含まれます。

CompTIA Security+(試験番号:SY0-601) 1.0 攻撃、脅威、脆弱性

24% 21% 25% 16% 14%

2.0 アーキテクチャと設計

3.0 実装

4.0 運用とインシデントレスポンス

5.0 ガバナンス、リスク、コンプライアンス

試験実施概要

試験番号 SY0-601

問題数

制限時間

合格ライン

最大で 90 問

90 分

100 ~ 900 のスコア形式 750 以上

Powered by